Press "Enter" to skip to content

無線Wifi「モバイルルーター」の活用がおすすめ、一括して通信費を見直そう


パソコンやスマートフォンなどの通信に自宅では無線Wifiを使っている方も多いのではないでしょうか。最近ではカフェやコンビニ、駅などでも無線Wifiが普及してきていますが、速度が悪いといった問題もまだまだあります。外出先などでインターネットを利用するなら、スマートフォンがあれば十分と感じている方も多いでしょう。パソコンも、スマートフォンのデザリングで使うことができます。しかし、バッテリーの心配を考えると長時間の利用はできません。そんな場合におすすめなのがモバイルルーターです。モバイルルーターについて解説していきます。

①モバイルルーターの用途
モバイルルーターがあると便利なシーンはさまざまあります。例えば、外出先でパソコンをよく利用する方などは、スマートフォンのデザリングなどで通信量やバッテリーに負荷をかけることなく快適な通信ができるので便利です。またモバイルルーターの購入だけで、回線工事や配線が必要なく、簡単な設定のみで使用できるのも手軽で心強いです。自宅でもすぐに使えるので、光回線工事が面倒だと感じている方にもおすすめです。

②モバイルルーターのデメリット
いつでもどこでも無線Wifiでインターネットができるメリットがある一方、通信スピードや通信量の問題は避けられません。モバイルルーターでは回線スピードは光回線には及ばず、光回線の半分ほどの速度しか出すことができないのが現状です。オンラインゲームなどをする方などは速度を重視したほうがよいですが、通常の通信であればモバイルルーターの回線スピードで十分まかなえます。また、通信量や速度に制限がある会社もあり、3日間で10GBなど、プランによっては一定量使いすぎてしまうと速度が遅くなることもありますので注意が必要です。

③機種の選び方
モバイルルーターは形状としてはスマートフォンのようなもので、持ち運びにさほど不便はありません。SIMを差し込み、セキュリティーキーを入力するだけですぐに使うことができ、手軽さはこの上ないです。バッテリーの持ちも良くなってきており、それぞれの会社で最新のモバイルルーターを選んでおけば通信スピードなどのスペックに大きな差はありません。データーの容量や使用料金、契約の縛り期間などで比較検討するのがよいでしょう。できれば月額要領無制限プランが理想で、こちらのプランであればストレスなく使えて便利です。無制限プランがあり、月額料金がお値打ちなプロバイダーであれば即決したいところですが、対応エリアが狭い場合もあり、注意が必要です。各社対応エリアについてのマップなどが公表されているので、契約してしまってから後悔しないよう確認しておきましょう。契約は2年縛り、または3年縛りのことが多く、機種が新しくなるタイミングに合わせた2年縛りプランがおすすめです。

これまでモバイルルーターに興味がなかった方も、利用シーンによって活躍しますので、ぜひこれをきっかけに検討してみてください。ひとつの契約だけでいくつもの機器を無線Wifiでネット接続できるので、プランの見直しをしてみるのもおすすめです。オンラインゲームをする方など、ヘビーユーザーにはあまりおすすめできませんが、一般的な使い方であれば自宅の固定回線としても使えます。モバイルルーターを導入して通信費をまとめ、家計を見直してみませんか?