Press "Enter" to skip to content

Wifiはどのようなものなのか、どこで使えるのか

managewpadmin 0

デジタル用語で端末とは、通信端末を指します。これは携帯電話、パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機などの情報の出力を受け持つ装置と、ルーターやモデムのように、通信を制御するために必要な装置を指します。

ではWifi端末とは、何を指すのでしょうか。そもそもWifiって一体何かを説明します!

Wifiは無線LANのひとつです
Wifiとは、もともとは商品名のようなものです。商品の種類としては無線LANの一種でした。無線LANが出た当時、今のように、どの機械からでも無線LANに繋げることができる保障はなく、設定も少し面倒なものでした。今でも面倒な部分はありますが、それよりさらに面倒なものでした。これを異なるメーカーや機械でも無線LANで繋げることができるようにしたものがWifiです。

フリーWifiのあれこれ
Wifiは家の中だけでなく、お店や建物の中にもあります。家の中や会社で使用しているWifiは、通常プロテクトがかかっており、パスワード入力をしなければ使えないものが、ほとんどです。これは特に会社であれば大事な案件を盗まれないようにするという意味があります。このプロテクトを外しているのがフリーWifiです。パスワードの入力をする必要なく、Wifiを利用することができます。観光地や喫茶店などでフリーWifiを利用することができる場所があります。ただその場所はあまり多くないようで、海外からくる観光客の方たちからは、あまり評判が良くないです。フリーWifiとは少し異なりますが、お店によってはパスワードを公開して、だれでも店内のWifiを使えるようにしているお店もあります。そして、携帯会社が提供している限定のWifiも一種のフリーWifiともいえます。これは契約している携帯会社の端末限定で利用することができます。セキュリティの面で不安にはなりますが、よほど重要な案件でない限り、またパソコンやスマホにセキュリティをかけているのであれば、あまり過剰に不安になる必要もないと思います。

Wifiのスピードは、なぜ遅くなるのか
Wifiのスピードは、遅くなることがあります。時々妙に電波が悪くなるなというイメージがありますが、実際に電波が悪くなります。電波が悪くなる理由はさまざまです。例えば無線電波は他からの影響を受けやすく、電子レンジが動いている時の電磁波などは顕著です。また電波は障害物に妨害されやすい性質があります。山の中でテレビの電波が悪くて受信できなくなるという事もあります。ほかには家の中のWifi端末の多さも、Wifiのスピードに影響を及ぼします。電波の取り合いに近いですので、多ければ多いほど、自分が持てる電波が少なくなるというイメージに近いです。

Wifi端末は、スマホやゲームだけでなく、家電にも広がっていく
ネット社会においてWifiは、かかせないアイテムです。スマートフォンでは、通信費を安くできますから安心して利用できます。ゲーム機の小型端末なども、いちいちコードを使ってつなげる必要もなく色々な人と遊ぶことができます。パソコンも有線LAN時代はコードをつないだままにする必要があり、デスクトップパソコンはともかく、ノートパソコンは非常に不便でした。また家庭用LANであるWifiを利用して、これからは電化製品の管理なども計画されていますし、一部では、すでに行なわれています。突然通信が切れたり、遅くなったり、最初の設定が少し面倒だったりと、色々あるWifiですが、これからますます技術が進み、使いやすいものになればと願います。